Banner
それぞれの仕事の教育制度

医療の現場に携わる仕事はたくさんあります。有名なところでは、医者や看護師ですが他にも医療事務などがあります。それらの教育制度も様々です。
医者になるには大学に行く必要があります。医大は1年間で数千万円かかるところもあるほどで、しかも普通の大学とは違い6年間という教育機関が設けられています。6年間の教育が終わった後で国家試験がありますが、それが終わっても2年間は研修医としての教育機関が与えられています。
看護師には二種類あり、准看護師と正看護師に分かれています。准看護師になるには2年間の専門学校へ通う必要があります。そして、正看護師になる方法は2種類あります。まず、3年間看護学校に通い看護師の資格を取ること。もう一つは初めに准看護師となり、2年以上仕事をしてから2年間の看護師学校に通うか、10年以上准看護師として働き、その後通信教育を受けて看護師試験を受けるという方法です。看護師になるのに一番の近道は看護師学校に行く方法でしょう。
医療事務の資格を取得するには試験に合格する必要があります。特に、学校などに通う必要はなく、誰でも試験を受けることは可能です。年齢制限もありませんが、が、やはり独学で取得するのは難しいでしょう。たとえば仕事をしながら取得を目指したとしても、通信教育などを利用するのが一番だと思います。独学でテキストや参考書だけを利用して勉強することもできますが、それには教育制度を利用して受験をするよりも多くの努力と時間が必要になると思います。すべてを自分でやろうと考えれば時間もお金も倍以上かかってしまう可能性があります。頼れるところは頼って知識を身に着けていくのが一番ではないでしょうか。
医療現場に関わる仕事は他にもたくさんありますが、どれが自分に向いているのか、どんなことをやりたいのかを考えて選ぶことが未来を決める第一歩だと思います。

タグ: ,